バリスタ資格取得は学校で取得!~スクール情報発信局~

若い内から経験を積む

コック

製菓高校とは、製菓技術を専門的に学べる高校のことをさします。製菓高校に通うと、製菓に関する専門的な知識を学ぶことが可能です。修学期間が3年間あるため、時間をかけて知識を深められるというのが製菓高校のメリットでしょう。また、メリットの一つとして、高校卒業の資格を取得することが可能ということがあげられます。製菓高校は、将来的に、洋菓子や和菓子といった製菓業界に進むのに有利な環境です。また、数ある製菓高校の中には、国家資格である製菓衛生師資格が取得できる高校もあるのです。製菓学校で学べるのは、製菓技術だけではありません。お菓子の製造やお菓子のラッピング、店舗での販売などまで、体験できるのです。実際に販売されるお菓子の製造過程を学べることは、将来の職業イメージを掴むのに役立つでしょう。

製菓高校の講師となっている人は、ホテルや有名菓子店で修行を積んでいたり、有名な製菓コンクールなどで受賞経験のある人が多くいたりします。実際に現場で働く人の声が直接聞けるということは、製菓高校の生徒にとってとても実りの多い時間なのです。製菓高校に通った後に、栄養士やフードスペシャリストといった免許や資格を取得するために大学へ進学する人も少なくありせん。製菓高校の提携している大学などに進学するという道も拓けるのです。パティシエを志す人にとって、製菓高校はとても魅力的な就学先だといえます。また、製菓高校では様々な試みを行なっており、それはパティシエとしての腕を磨くのにうってつけです。学園祭や全国の製菓高校がこぞって参加するコンクールに定期的に参加することで、製菓の腕を磨けるでしょう。